歐洲生質能協會

欧州バイオマスエネルギー協会(European Biomass Association, AEBIOM)は欧州連合としてバイオマスエネルギーを普及する専任単位であり、その協会の下に一つ欧州木質ペレット委員会(European Pellet Council, EPC)があり、主な三つのプロジェクトを担当する:一つは、木質ペレットの品質、安全、教育…など、関係がある知識のメッセージを担当すること。二つ目は、ヨーロッパの木質ペレットの使用量をアップすること。三つ目は、ENPLUSに関する規範を導くことです。

なぜ木質ペレットは新たな認証が必要ですか?

固体なバイオマス燃料の新たなヨーロッパ標準は2011年から全欧州に施行し、新たな標準はEN14961-2を含みます。国によってそれぞれの標準に適していないです。EN14961-2は2014からISO1225-2に代わり、ENPLUS3.0ガイドも同時ISO標準に更新されます。

 

ENPLUSにはどんな品質レベルがあります?

ENPLUSはA1とA2の二種類の品質レベルがあります。A1レベルは良質で、私用な ボイラーやペーチカを使うことに適しています。それに、A1は最も少ない灰燼ができ、最高の標準に合致しています。A2レベルは工業で使うのに適しています。

 

ENPLUSはほかの認証に比べて、何が特別な所がありますか?

ほとんどの品質認証はただプロセスを認証しますが、ENPLUSはもっと厳しいプロセスの範囲を含めており、消費者に製品を渡す時の確認の品質、例えば、運送、保存などを含んでいます。

 

ENPLUSはどのようにして品質を確保しますか?

ENPLUSは非常に透明化の高いシステムです。メーカと貿易商は承認コードで製品をフォローできます。ENPLUSは消費者とボイラーに新しい基準点を提供します。

 

ENPLUSはどのようにして品質の一致性を確保しますか?

毎年木質ペレット設備、プロセスと品質管理を審査して、木質ペレットのサンプルはプロの実験室で分析します。メーカと貿易商は自由に欧州連合認証した専任単位に検査して、品質の一致性を確保します。

 

ENPLUSはヨーロッパでの市場の状況はどうですか?

ENPLUSは2010年からドイツで始まり、急速に広がっています。2015年までにENPLUS認証した木質ペレットのメーカは34個国に分布しています。ENPLUSの木質ペレットの総産量は毎年六百万トンぐらいあります。

總昌機械は独自技術の機械により、ベトナムの製造工場は真っ先にENPLUS A2を通過して、品質良いです。欧州連合の認証を得た、承認コードはVN001です。もしもっと詳しい情報をご希望なら、お気軽にご連絡ください。

今すぐお問い合わせ !

記入フォーム

↓ EN PLUS仕様とSGS検査報告書

About leonhard38

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)